トイレリフォームの費用|和式汲み取り

トイレリフォームの相場はいくら?

トイレのリフォームで中心となるのは便器の交換です。
現在使用中のトイレの種類、次に付け替えるトイレの種類、設置条件によって多少金額が異なりますので
下記の相場金額はある程度幅を持たせています。

 

洋式トイレから洋式トイレへ交換の相場

15万円〜25万円です。
10万円の幅があるのは選ぶ便器のグレードや多少の設置条件の違いがあるからです。
多くの場合古い便器を取り外して新しい便器を取り付けるだけなので比較的安く済みます。

 

水洗和式トイレから洋式トイレへの交換の相場

25万円〜40万円です。
和式の場合は段差が付いてたり、床の面より下に掘り込んであることがあるので
単純に便器の交換だけでは済まないことが多いので金額も高くなります。

 

汲み取りトイレ(ぼっとん)から洋式へ交換の相場

40万円〜70万円です。
こちらは便槽の撤去や上水道、下水道(浄化槽)の引き込み等が伴う為更に金額が高くなります。

 

これらの金額はあくまで優良な工事店でリフォームをしてもらった場合の相場です。
高い場合だと相場の1.5倍から2倍も高い金額を請求されるケースもあります。
また金額は安くても材料費をケチったり必要な工事の工程を飛ばしたりしていることもあるので、
業者選びは慎重にしましょう。

 

ではリフォーム会社選びで失敗しないためにはどのようにして探すのが良いでしょうか。

リフォーム会社の選び方

リフォーム会社は新築とは違い特別な届け出がなくても良いので、素人に毛が生えたくらいの人でも開業できます。
開業までの敷居が低い為、選択肢が異常に増えてしまい選ぶのが困難です。
一般的にリフォーム会社を探す方法は大きく分けて3つ程ありますが、
それぞれメリットとデメリットがあります。

 

大手リフォーム会社やハウスメーカーに頼む

メリット

  • 営業の人の対応が親切な場合がほとんど
  • 潰れる心配が少なくアフターフォローもしてくれる
  • 悪徳業者は使わない

デメリット

  • 自社で工事を行うわけではなく外部に委託し、中間マージンが発生するので高い。
  • 営業の人は現場作業員でも監督でもないので、要望を伝えると営業⇒現場監督⇒職人という伝言ゲームが頻繁にある。
  • 完成の質は下請け業者次第。悪徳業者ではなくても職人の技術が未熟だったり、態度が悪いということはある。

 

インターネットの一括見積サイトや仲介サイトで探す

メリット

  • 多くの業者から一度に見積もりを取ることができる。
  • 一番安い業者を探すことができる。

デメリット

  • 一括見積を申し込んだら営業の電話が一斉にかかってくる。
  • 多くの見積もりを見て安い業者はわかるが、その業者の仕事が良いという保証はない。
  • 業者が倒産したらアフターメンテナンスが受けられない場合もある。

 

知人から紹介してもらう

メリット

  • 業者を探す手間が省ける。
  • 知人の顔を立てることができる。

デメリット

  • 知人の顔を立てる為、クレームを言いにくかったり要望を伝えにくい。
  • 「友人価格」には何の根拠もない。必要経費は必ず出てくる。異常に安い場合は工程や材料を省かれている可能性があり危険。
  • 全てではないが業者が強気に出てくる場合がある。

 

どれも一長一短で決定打に欠けますね。
知人から紹介してもらうのはトラブルの元なので本当におすすめしません。

 

実はこれらのメリットを掛け合わせ、デメリットを排除した探し方があります。
それが優良工事店ネットワークです。

優良工事店ネットワークとは?

>>優良工事店ネットワーク<<
全国7000店もの工事店を審査し、そのうち様々な基準をクリアした優良と判断された工事店のみが所属するネットワークです。
希望する工事内容を伝えると、顧客からの満足度が高い信頼できる工事店を1社だけ紹介してくれます。

 

信頼できる工事店の条件とは

  • まず誠実であること
  • プロとしての提案力があること
  • 確かな技術力があること
  • 工事終了後の手直しの対応が早いこと
  • 利益につながらないような小さな工事でも喜んで対応すること
  • マナーが良く気配りが行き届いて対応が丁寧であること。
  • 工事金額が本当の意味で適正であること

 

全ての業者がこれらの条件をクリアしていますし、顧客満足度が低い業者についてはネットワークから外されるという徹底ぶりです。

 


優良工事店ネットワークの10大特徴

工事店に直接発注できる

ネットワークは無料で利用できますし、営業会社を通すこともないので、実際に工事をする工事店へ直接発注できるので、最小限の費用に抑えることができます。

 

営業マンではなく建築のプロが担当してくれる

大手リフォーム会社やハウスメーカー、リフォーム営業会社等に見積もりを依頼すると施工経験のない営業マンが担当になりますが、優良工事店ネットワークで紹介してくれる業者の場合、現場経験と建築知識が豊富なプロが直接対応してくれますので、話もスムーズですし質の高い工事が可能になります。

 

評価の高い工事店だけを紹介してくれる

実際に工事を依頼した顧客にアンケートを実施しており、その結果優良であると評価された工事店だけを紹介してくれます。

 

急な倒産に備えた「工事完成まで保証」

トイレリフォームの場合は短期間で済みますので、工事中に倒産ということは少ないと思いますが、
万が一工事中に倒産してしまった場合、ネットワークに所属している近隣の工事店が完成させてくれます。

 

「工事完成後も保証」でアフターメンテナンスも安心

工事完成後に会社が倒産してしまった場合も保証があります。
アフターメンテナンスが必要な場合も近隣の工事店が引き継いでくれます。

 

「紛争解決のための仲裁サービス」でトラブルの際も安心

工事店と顧客の間で言った言わないの水掛け論等のトラブルがあった場合、優良工事店ネットワークの仲裁員が現地に来てくれて第三者的な立場で解決まで導いてくれます。
もちろんこれも無料です。

 

職人による丁寧な対応と接客

「職人気質」という言葉があるように、職人さんは気難しく不愛想なイメージが未だにありますが、ネットワークに所属する条件として「丁寧な対応と接客」が義務付けられています。

 

迅速なアフターメンテナンス

工事には手直しがつきものです。トイレの手直しが必要な場合というのは、特に緊急性が高いものが多いです。
小規模の工事店では電話がつながりにくい場合もあるので、ネットワークのコールセンターに電話すればすぐにつながり、過去の工事記録を元に迅速に対応してくれます。

 

「リフォーム会社選びのプロ」としてのプライド

優良工事店ネットワークはリフォーム会社選びのプロとして厳しい審査基準を持っています。
書類審査、工事店代表者との面接、財務・実績調査、施工現場調査、少額物件での顧客からのヒアリング等、これらすべての審査をくぐり抜けた業者のみが所属できるので、一括見積サイト等で表示される会社とは一線を画しています。

 

顧客と工事店双方の満足度が高い

顧客だけでなく、工事店からの満足度も非常に高いようです。
工事店は大手ハウスメーカーやリフォーム営業会社の下請けをやっており、彼らの利益を出すために無理にコストを切り詰められたり赤字が発生する場合もありました。
これらの障害を取り除き、優良工事店ネットワークが間に入り顧客との橋渡しをしてくれることで、適切な工事金額で質の高い工事をしてくれるわけですね。

まずはリフォーム会社選びのポイントを学ぶ

優良工事店ネットワークが無料で配布しいる「リフォームの青本」という本が無料で入手できます。

 

 

この本にリフォーム会社選びのポイントや、通常一般消費者が知りえない工事費用の内訳等が赤裸々に書かれています。
まずはこの本を読んで基礎知識を付けて頂くことをおすすめします。

 

適正価格で質の高い工事をしてもらってくださいね。